open.Yellow.osという国産Linuxのパブリックベータテストに参加しています。日本の学生が主体となって開発しているので、微々たるものですが応援しています。

相当数のテスターがいたそうで、すでにテスターは締め切ったようです。

常用アプリケーションの使用、いくつかの開発ツールを使ってのプログラムのビルドなどを行っています。

最近、Ubuntu 22.04、Debian 11、Pop_OS!、Fedora 37で仕事用の環境を構築し、それとほぼ同じ環境を作ったわけですが、使用するアプリケーションも開発ツールも同じように動くので、細かな使い心地を無視すればどれも一緒かな。

open.Yellow.osの場合はインストール直後から日本語環境になっているので、インストールの手間が減るのが美点。正式リリース版が出たら是非試してください。