先日、石か何かに当ててサイドカットしてしまったMavic Yksion Pro UST 2というタイヤ。裂け目の裏側からパッチを当ててみました。

空気を充填すると空気圧で裂け目が膨らみます。空気漏れはまったくないので、これで走れるとは思いますが、不安なので新しいタイヤに交換するつもりです。

チューブが無いので若干軽くなる・チューブ抵抗が無くなって若干回転が良くなる・低圧で運用できるのでブレーキの効きが良くなり乗り心地も良い・小さな穴ならシーラントが塞いでくれる・リム打ちパンクが減る

などの利点があるということで、最近はチューブレスに移行する人が増えているとか。

今回はそういう利点の恩恵が受けられない形になりました。

かなりしっかりとしたパッチ施工が必要でした。出先でやれる準備をしておくのは必要かもしれませんが、これを出先でやるのは少し嫌かなというのが正直な感想です。結局、チューブを持っていくことになるのかな。

チューブを持っていくことが前提なら、クリンチャータイヤでも良さそうな気もします。

このタイヤはホイールへの付け外しに道具を必要としませんし、通常の空気入れでビードが上がるので使い易いのですが、携帯ポンプでは上手くやれないかもしれません。CO2ボンベで一気に充填してビードを上げるなどすれば良いかもしれませんが、予備のチューブに加えてCO2ボンベも携行するとなると、あまり嬉しくないような気がします。シーラントも携行するんでしょうか?

しばらく運用して経験を積まないとなんとも言えません。