取り敢えず17本のバネ鋼を叩き延ばしました。

やり慣れないことをしたので、金槌を握る掌が剥けました。

何度かこんなことを繰り返すと金槌を握る手に変わっていきますが、そこまでこの作業をするかわかりません。

カリンバ弦の具合を確かめるための実験用カリンバを作りました。

これで叩いて延ばした鋼の具合を見ながら弦として使えるものを作っていきます。

鋼を叩いて延ばす作業から綺麗なカリンバの音色を出すまでの道のりは決して短くないです。手っ取り早くカリンバを楽しみたいなら完成品やキットの購入をすすめます。

広告