集金袋の注文をいただき、製作しております。

見本品を頂き同じように作る事になりましたので、まずは染色から始めました。

今回の見本品は襠の無いチャック仕立てなのですが、両端の位置が特殊な為少し型紙を改変しました。完成した型紙がこちら。

チャックの浮きやねじれの対策としてこういった型紙になりました。

その後ポケットの製作、両面革で口元はヘリ返し後縫製します。

型紙に沿ってチャック部分の革を裁断、コバ処理をしてチャックを貼ります。

見本品と並べたところ。

反対側もチャックを貼り、片方ずつ縫製を開始します。本体も両面を革で張り合わせた作り。

片側のチャックを縫い合わせた後、本体を接着します。かなり分厚くナイフシースを思い出します。

この後は全体に縫い穴を開けて縫い合わせて完成です、今日はここまで。

余談ですがチャックの縫い付けは案外難しいので下準備が大切です。

挑戦する際には治具の作成・革の縫い穴はチャック接着前に開けておく事・本体とチャックをしっかり接着してから縫う事の3点で綺麗に付けられるようになります。