前回の記事はこちら

二つ同時に製作している同デザインの鞄のうち、先日一つ目の本体が完成したので今日は二つ目も本体の完成までやっていきます。

全体を組み立てる前に小さな部品を取り付けます。

あとは帆布生地同士を組み立ててミシンで縫うと一気に完成。連続で作ると二つ目は随分速く進められます。

しかし本体が完成した直後に二つとも駄目にしてしまいました。かぶせの革があまりにかたいと思い、馴染ませようと揉んだ結果。

大きな皺が寄り、内側の金具が浮き彫りになっているのが見えます。これは一度剝がして新しく部品を作り直さなければ修復不能。新しい革を使うと接着強度・縫い穴合わせ・コバの仕上げと大きな問題が出そうです。がっかり。

広告