前回の記事はこちら

今日からいよいよ表布の帆布と革に取り掛かります。

まずは帆布の部品をすべて裁つところから。この鞄は色違いで2つ同時に進めています。

今回は外袋と内袋を仕立てたあとに口を縫い合わせる方法で組み立てるので、事前に口部分にアイロンをあてておきます。口を一周1cmの位置で折り曲げておくのですが、こういう時に画像のようなアイロンゲージがあると非常に便利。重宝しております。

背面ポケットを縫い付けてマチを仮縫い。全体の縫い代の歪みの他に両端にズレがないか・横マチと底マチの切り替え部分の左右バランス・曲線部分などをそれぞれ確認します。

外袋を縫う際に革を一緒に縫い合わせる工程がある為ここから革部品の準備に移ります。画像はベルトの根革とかぶせ、背面につく帯。

前胴とかぶせにそれぞれマグネットホックを取り付けました、かぶせ側はホックを取り付けた後表面に革を貼りつけています。革にうっすら見える点線は後工程である縫い穴あけの為の間隔調整です。

今日はここまで。明日は革の縫製からです。

広告