かぶせリュックをベースにしたショルダーバッグを製作中。

マチはリュックと同じく水成形+捨て襠にしています。写真の付属品はペン差し。

ご注文くださった方はひっくり返しても中身が落ちないということに重点をおく方なので、背面のポケットにチャックをつけています。また、ポケットを沢山つけたいということなので内側と前面にもつける予定。

この背面と内面両方に中身が落ちづらいポケットをつけるというのが意外なことに難しく頭を悩ませました。体側に膨らみが当たるのも不快ではありますが、背面ポケットをくり抜きにすると鞄内部の容量が圧迫されます。

結局体側にあたる背面にはスリムな縫い付けポケットを取り付けることにしました。

持ち手は握り心地が好評の積層持ち手。こういった軽い鞄にはもっと手軽な持ち手でも良いのですが、ベースにしているミニリュックと同じ作りの持ち手にしています。