XMAXは猫の乗り物です。

天板にホゾ穴を開けて足を差し込むようにして合体です。天板が重くて一人では作業できません。

天板の裏表の鉋掛けは2人掛でした。

重いだけあってしっかりとした作業台です。押してもグラつくこともありません。

次回以降、木端に硬い木を貼ってベンチバイスを取付けて完成かなというところです。

これでやっと完全平面の作業台ができます。

サイクルスタンドは塗装仕上げをすれば完成です。脚がたわむので補強しました。

木製ロードバイクが地味な色なので、スタンドが目立ち過ぎるのも良くありません。竹灯りで照らされたときに、脚の部分が目立たないように黒くし、湾曲した部分だけが目立つように塗り分ける予定です。