5号車はディスクブレーキモデルなので、ブレーキホースをダウンチューブの中に通すこともあって、ケーブルのルーティングを4号車とは違うものにします。そのため少し考えながら時間をかけてフレーム内側の切削をします。

今日のところはヘッドチューブとシートチューブのパイプを収める部分の切削をしました。

ヘッドチューブがゴツくてカッコ悪いので、上手く造形してスッキリさせたいところです。