ボトムブラケット下にワイヤーメンテナンス用の穴を開けています。その蓋を作って一気に組み上げます。

プラスチックの薄板を熱を加えて曲げた蓋と防水用のビニール。

蓋を取付けるとこんな感じ。

クランクとチェーンリング、フロントディレイラー、チェーンを取付けていきます。

締め付けは規定トルクで。

シフトワイヤーとブレーキワイヤーは内装されたアルミパイプの中にグリースを満たしたシリコンチューブを入れ、その中に通します。

直付け型のフロントディレイラーをバンドに取付け。

チェーンを取付けてディレイラーとブレーキの調整したら組み付け不良や異音を確認するために少し試走しました。

ペダルレスで測った重量は並べたピナレロと同じくらいです。フレーム自体はピナレロのカーボンフレームの方が軽いのですが、使用しているパーツが軽いので同じなりました。

ペダルを取付けて近所を一回り。

少し保守的に作ったこともあって、フレームの肉厚が厚いのか若干目標のものより硬いです。

乗り心地はチューブレスタイヤということもあって良いですが、もう少し剛性を落とした方が良いかもしれません。

よく木のフレームだとしなると思う方がいますが、それは先入観です。結構硬いんですよ。