壊れた部分の接着が上手く行ってギターとしての機能が回復しました。後は修復した部分の塗装を補修して自然な色合いにするだけ。それももう少しで終わりそうです。

メープル材を削り出したアーチドバックと軽いトップの小さなギター。乾いた可愛らしい音が魅力です。弦長がそこそこ長く、椀状のバックにより音が前に出るので、見た目以上に音量があると感じます。現代クラシックギターのように店頭で容易に手に入るものではありませんが、機会があれば是非試して欲しいギターです。このタイプのギターを製作している製作者さんはたくさんいらっしゃると思いますので、入手も比較的容易だと思います。

今日は修理の結果を確認しながら1時間ほど楽しみましたが、改めてこのギターの魅力を確認できました。

広告