ハンドルバーバッグ、フレームバッグ、バッグパックを作りそろそろキャンプ旅の実践に入ろうと思っていますが、財布やスマホを入れる小さなバッグも必要と思い、新たにハンドルコラムの横に取付けるバッグを作りました。

容量は650mlくらいで、財布、タバコ、スマホがちょうど収まるくらいです。

コラムの左右どちらにも取付けできます。

ハンドルバー、ハンドルコラム、フレームの3箇所にマジックテープで固定する方式にしました。バックル付きのベルトの方が良いかもしれませんが、ひとまずこれで運用してみます。

装備はすべて揃いました。

ハンドルバーバッグの重さが4kg弱、フレームバッグの重さが2kg強、この他にバッグパックが3kg強で、一泊キャンプの食材を入れると総装備重量が10kgくらいになります。

今回は自転車、バッグ、アルコールストーブ、テーブル、ナイフ(友人作)、スプーン、フォークを自作してのキャンプです。DIYやモノづくりに関心のある人が増えたら良いと思ってやっていることですので、何かを作ってみたいという方の参考になればこのブログの目的は果たせることになります。

テントやタープ、焚き火台、鉈やランタンなどまだまだ自作したいものはありますが、どうせやるならDIYのレベルを超えた本格的なモノづくりにしたいです。そのためには試行錯誤や道具や設備への投資が必要なので、なかなかすぐに取り掛かることができないのがもどかしいです。

ひとまず実践が終わった時点で第一章は終了ということにします。

広告