全塗装するつもりで塗装剥がしを始めたチネリのロードバイクフレームです。

これは2007年頃のモデルで現行モデルまでに何度かモデルチェンジされています。確かこのフレームの重量は1.5kgくらい。軽いパーツで組めば車両重量は8kgくらいになるのではないでしょうか。フレームのみの価格は8万円くらい、105完成車が20万円くらいで売られているようです。

アルミらしくペダルを踏んだ時の反応が良いフレームですが、微振動がよく伝わってくるのもアルミらしいです。一度、往復340kmのツーリングに使いましたが、もっぱらせいぜい100km程度のサイクリングと街乗りに使っていました。あまり長距離をこれで走る気にはなりませんでしたが、気にせず走る人もいるのではないかと思います。

スポーツ自転車業界としては高価なものを売りたいのでしょうし、この価格帯のものを安物と馬鹿にする人もいますし、見栄も張れませんが、レースにも使える性能だしサイクリングをするのに不足はありません。こういうのを力強く走らせる自転車乗りというのもカッコいいと思います。

塗装がかなり傷んでいたので全塗装するために塗装を剥がしていますが、ワレ・キズ・ヘコミ・歪み・腐食がほとんどなくて良い状態です。

アルミの質感を出すために磨き込んでクリア塗装というのもアリでしょうか。

ブランドロゴ等のステッカーが手に入ると良いのですが、手に入らなかったらロゴなし文字なしの無地フレームでもいいかな。

塗装ができたら最新のコンポーネントを使って組もうかな。