指板の接着です。

正確に位置決めをしてこのような釘を2箇所に打ち込んで指板を固定しますが、普段はあまりやらない方法です。

1ミリ径の細い釘で緑色の樹脂の部分を引っ張れば抜けます。たぶんホームセンターで売られていると思います。

これで指板のズレにそれほど神経質にならずに接着できます。

普段は指板をクランプするための板を使っていますが、今回クランプを多めに使って圧着しました。

手が空いたので、コントロールキャビティと蓋とトラスロッドカバーをオイルコートしました。

コントロールキャビティの蓋は頻繁に身体に触れるので厚めにコートします。