2号車のサドルを型にして3号車のサドルをルーターで切削しました。

サドルはこんな形に角を取ります。

また座面がお尻に密着するように中央部を削ります。

最終的には強度に影響がない程度に肉抜きをしようと思います。

3号車のサドルも削りますが、急ぎの作業ではないので、他の作業の合間にやります。

ロードバイクに乗り慣れている人ならば木のサドルでもそれほどお尻が痛くなりませんが、2号車、(婦人用)にはクッションを貼るかもしれません。