旋盤でアルミブロックから削り出したボトムブラケットシェルをフレームに埋め込みました。

ガタが出てはいけないので、ピッタリサイズの穴をフレームに開けて、エポキシ接着剤を塗って圧入します。フレーム側の穴が真円でなかったり、摩擦が多かったりすると入っていきませんし、エポキシ接着剤の厚み分の余裕がない状態で圧入してしまうと外してやり直すのが難しいので「試しに圧入してみるか」というわけにもなかなか行きません。

多少隙間ができてもエポキシ接着剤を多目に封入してしまうというやや雑なやり方でも良いのかもしれませんが、それはやりません。

部品の当たりを確認しながらサンドペーパーで微調整しなが、無理なく圧入できるくらいに仕上げてからエポキシで接着しました。随分と時間がかかってしまいました。