今日は天気が良かったので昼から出かけました。

南足柄や山北まで行けば紅葉が見られそうだと思い、西湘バイパスで小田原まで行き、そこから広域農道を走って足柄峠に向かいました。

生憎、台風の爪痕が消えておらずに峠への道は通行止め。空が澄んでいて途中富士山がよく見えたから良かった。

早い時間に帰りたかったので、引き返して箱根湯本へ。神奈川県立の『生命の星地球博物館』に行きました。

今日の見学のテーマは「縄文時代の神奈川」。生まれ育った神奈川の昔のことを調べてみたくなりました。

丹沢や伊豆が出来た時期や理由を調べたり、縄文時代に神奈川に住んでいた動物や相模湾の生き物を調べたりと、なかなか楽しいものです。今の富士山の形は5000年ほど前にできたそうで、縄文時代の我々の先輩たちが足柄峠の辺りから見た富士山がどんな形に見えたのかなんていうことを想像したり。

現在の地球は氷期ですが、5000年程前は少し温暖で海面も今より少し(2〜3m)高かった。今僕が住む地域は海でした。

近年、太陽の黒点活動が停滞気味で今後寒冷化する可能性があるそうで、当分、海の中に沈むことはないだろうと思いますが、寒くなって作物が育たなくなったら大変ですね。