先日作った木と革で作ったハンドルバッグを取り付けるためのステーを作ろうと思います。

溶接機とパイプベンダーがあれば思い通りのものを作れると思いますが、残念ながらそういう機械が工房にはありません。いずれ手に入れようと思っていますが。

無いものを悔やんでも仕方ないので、やれる範囲でやってみようと思います。

やり方は簡単。鉄棒を熱して曲げて、ネジ穴を開ける部分は鍛冶屋さんのように叩いて作る。

この写真は叩いて形を作るために加熱している様子。

金槌で叩いて平にし、ネジ穴を開ける部分を作ります。

ハンドルにはこんな感じに取り付けます。

が、しかし!!!

曲げる位置を間違えて棒の長さが足りません。

これを綺麗に曲げ直すのは難しいので、材料を買い直して仕切り直しします。