この投稿の続きです。

壊れた初期のものに対して大幅に強くしました。

積層した板は車軸側で1枚、フォーク根元で3枚多くしています。

前回破壊されたブレーキキャリパー取り付け部分は厚みを2倍に、前後方向に15ミリ増です。

太くて不細工な感じなので、うまく削って綺麗に見せます。

この後は、ステアリングポストを挿し込む穴とブレーキキャリパーを取り付ける穴を開ける、エンド金具を取り付ける、形状を整える、塗装という感じに作業が進みます。

取り外したエンド金具を紛失してしまったので、探すか作り直すかしてから作業を続けます。