アコースティックギターの修理や再塗装のために中断していた塗装工程に戻ってきました。

色合いはこれくらいで。あとはクリアの層を重ねていって艶出し作業に進みます。

凹凸の多いボディに刷毛塗りは難しいので、ウレタンのタンポ塗りに切り替えました。

広告