まずはここから始めます。

書籍とMAX10ボードにRaspberry Piを接続するボードとRaspberry Pi3。

もう少し情報の多いボードを手に入れれば良かったかもしれないけど、取り敢えず使って慣れて次の一歩を踏み出したいところです。