昨日の続きです。

昨日は軽量タイプのピックアップホールを掘りましたが、今日はソリッドタイプのピックアップホール掘り。

あらかじめルータービットベアリングが当たる程度にドリルで適当な深さの穴を開け、鑿でピックアップホールの型に綺麗に輪郭を落としてから、ルーターで切削しました。こうするとテンプレートを必要としませんし、ルーターへの負担も少なく速く楽に作業が終わります。全て鑿で加工する場合に比べると4割程の時間短縮ができました。


ネック仕込み角3.5度に合わせて、ボディ前部を鉋で削りました。もう少し削る必要がありますが、ソフト開発の仕事もやらないと行けないし、歯医者にも行くので今日の作業はここまで。